サイトチェックの方法

飲食店でバリスタの求人を探すためのサイトチェックの方法

近年、コーヒーの人気が高まってきて、バリスタの需要も増えています。これがどういう仕事なのかというと、もとはイタリアのバールで、カウンターに立って客からの注文を受けてエスプレッソをはじめとして、コーヒーなどを淹れる職業、さらにはその仕事に従事している人のことをいいます。
ただし日本ではバールの文化がそれほど発達していないため、広い意味でコーヒーを淹れるプロ、マイスターなどと同じようなものと考えられています。

そして最近のコーヒーブームによって需要が高まっていて、飲食店なども専門の職人を求人することが多くなっていますが、実はこの探し方が少しだけ面倒なものとなってきます。
飲食店での求人情報を得るとしたら、一般的には就職情報誌やウェブサイトの就職専門、もしくは個人店の帆ホームページになってきます。しかしながらここで注意が必要となってきて、いわゆる専門職の場合、一般の就職情報誌に求人を掲載することは少なかったりするのです。

その理由としては専門の知識が必要なため、一般に広く募集するよりも、専門家が集まっている場所にした方が効率が良いからです。
バリスタの場合はコーヒーの専門技術を学ぶ学校や、専門家があるまっている専用のサイトなどをチェックするのがよく、一般的な飲食店の募集をチェックしても、めぼしいものが見つからない方が多くなっています。

特に飲食店側が即戦力として求める場合には、専門家がある学校やスクールなど、すぐに使える技術を持っている人が多く見る場所に出した方が効率が良くなっているのです。
どんな業界もそうですが、飲食店もつながりが深くなっていて、完全に外部から情報を得るのは難しい場合があります。特にバリスタを志してはいるけど技術を持っていない、そういう人はまずは専門職ではなく、一般のスタッフとして入店するのもひとつの方法となっています。

今の日本でまったくの素人を専門職として採用して、一から教えてくれるところはあまりなく、必要に応じて学校などで専門技術を学ぶ必要があります。
金銭的にそういった余裕がない場合は、まずは一般職のスタッフとして目当ての飲食店に採用されるのがよく、面接などで目標を告げれば多少の融通を利かせてくれるところもありますし、何よりも同じ職場で見ていれば学ぶことにもつながっていきます。
技術を持っていないのなら柔軟に考えてみること、そういったことも働くためには重要となってくるのです。